KYOKO SHIRATA

Blog

湿気侮るなかれ

2017.08.29

「湿気でピアノがダメになるお宅もあるくらいなので、気をつけて。」

お世話になっている調律師の方がそう言うほど、この地域は湿気が多い。
海も近いし、まぁ確かそうかもしれないけれど…
小田原にいた時だって海は近かったんだし、そんなに?

正直なめていたのかも。
今年の夏は、部屋中の革という革がカビて、自然素材という自然素材がカビた。
そして、カビを食料とする(と思われる)何かしらの虫も涌いた。
(虫はもともと多いし、今日も何故か部屋の中にカマキリがいて女子高生みたいにキャーキャーなったのだけど。カマキリは良いとして、カビを食べる虫は共生しちゃいけないタイプの虫だと思う)

階段下とか、そういった奥まった場所に置いておいた訳ではない、とてもオープンなスペースに置いておいたものも、ことごとく。

6月から意識的に除湿し始めて、外出する時もエアコンを消さず、なるべく室内を乾燥させるように気を使った。

普段はしないような長めの旅行に出たときだって、エアコンは消さずに除湿したまま出かけたけれど、落雷か何かで早々に止まっていたらしく、帰宅した時には部屋はかなり蒸し暑かった…。

そのせいか…
色々考えてみたり、ご近所に聞いてみたりしたけれど、どうやら今年は特に湿気が酷いらしい。
太陽があまり照らなかったこともあり、マメに湿気を放出する努力をしても、クローゼットの中がカビたと教えてくれた友人も。

今年の夏は良い勉強になったと思って、新しい除湿器を1台買い足したところで、

「はーやく来い!!」
と声が枯れるほど大声で秋を呼びたい気分。

※自由研究の手づくり石けん、出来上がりました。