KYOKO SHIRATA

Blog

カバンのお話

tsuchiyabooks-1

先日の土屋鞄製造所さんでの撮影(→Click)で、お土産として頂いた絵本2冊です。

どちらもカバンのお話。
鞄屋さんらしいチョイスで嬉しい!と思ったら、実はこちらの絵本、発行者は土屋鞄製造所となっています。
値段も書いてあり、販売されていたようですが、現在はAmazonなどでも中古品のみの扱いになっているようです。

私は特に写真右の『ボクとカバンとカバンとカバン』が気に入りました。
幼い頃に愛用していたカバンが古くなり、そのまま使うことは無理だけれど、
形を変えて(つまりリメイクして)使い続ける…というシーンがあり、
今の自分のもの選びのテーマにもなっている(むしろ憧れでもある)「良いものを長く、修理しながら愛着を持って使う」ということを改めて教えてくれる内容になっています。

絵も可愛く色もカラフルで、眺めているだけでも素敵な2冊。
良い本に出会いました。
ありがとうございました。