KYOKO SHIRATA

Blog

2016年9月の気づき

2016.09.16

daffunda-1

娘のだっふんだ、はまだ未完成。
目下、寄り目練習中のようです。
昨日、お風呂でこっそり練習しているのを目撃してしまいました。

私はというと、昨日は(珍しく!)自分磨きのために、とあるワークショップを受けてきました。
楽しい暮らし研究家であり、工作作家の吉田麻理子さんのワークショップです。

麻理子さんは、“余計なものを削ぎ落として、今、まさに、自分の好きなことで生きていまーす!!!”
というのが、ひしひしと伝わってくる方でした。
話し方、笑い方、相づち、なんだか全てが私のツボでした!

麻理子さんにお会いして、これからやりたいと思っていたことがクリアになりましたし、
そのために準備する作業が億劫ではなくなりました。
私、アタラシイコト始めるんですよフフ。

最近すごく思うことがありまして。
それは、

「結局、本当に好きなことしか残っていかないんだな」

ってこと。
仕事も、人間関係も、持つものも、着るものも。
身の回りのもの、すべて。

私たちは、溢れ返る情報を浴びているうちに色々遠回りするんだけど、結局好きじゃないものは淘汰されていって
最終的には好きなものだけで生きているんだなあ、って。

他の人が自分よりも輝いて見えたり、他人から「それ違うよ」とか「それ変だよ」とか、様々な批判を受けることがあると、
つい自分の軸がブレてしまうこともあるのだけれど、最後に帰ってくるのは自分の本音です。

 

本当に好きなこと、好きなもの、自分の本音だけ。
割と若い頃に話していたことや、思っていたことがそのまんま今の自分に残っていたりします。
これって、直感に近い感覚です。

直感を信じて生きていく、本音で生きていく、は2016年9月に私が得た大きな気づきです。
偶然にも複数の方からこのことに気づかされました。

アタラシイコト始めるんです、2回言いました。
大事なことだから!