KYOKO SHIRATA

Blog

いいよ、自分で読むから

娘が小学校に上がり、家にいる時間が(数時間とはいえ)減り、また自分で本を読む方が楽なのか、めっきり読み聞かせをする機会が減ったように思います。

そんな中で、
「これ読んでね、あとで読んでね。長いのと短いの1冊ずつでいいからね。」
などと息子が健気にお願いしてくるのがとても貴重に感じます。

本が積み上がるほど読んでいた頃は、家のことが何も出来なくて、それはそれでストレスも溜まっていたはずなのに、今じゃ読み聞かせを申し出ても
「大丈夫、自分で読むよ」
そう言われたときの寂しさたるや…。

これまで読み聞かせをしてきたたくさんの絵本を拭いていると、読んでいた頃の娘の姿や表情がありありと思い出されて、少し泣きたい気分になったりします。

年長児あたりから娘の読むものが変わってきて、易しい児童書などを読むようになりました。
定番の『こまったさん』『わかったさん』シリーズや『魔女子』シリーズなど、
女子なら、あぁ懐かしい!!と思わず叫んでしまうような本を、やはり彼女も好んで読んでいます。

まだ幼稚園児の息子には、長く読み継がれている名作と言われるような絵本をたくさん読んであげたいと思うのですが、
姉が借りてくるゾロリシリーズなど、少しコミック色の強いものの方に興味が引かれてしまうようで、
これまで買いそろえてきた名作絵本の出番が少々少ないのが気になるところですが。

それでも、好きなものを好きだけ読む、その気持ちを大切にしてあげたいとも思うので
口出ししたい気持ちをグッとこらえて、ゾロリになって息子に読み聞かせをする母なのです。

aftermoving-8