KYOKO SHIRATA

Blog

センス、センス、センス

2016.02.14

feb2016-3

「男子は、出したもの何でも文句言わずに着てくれてラクだよ」
って私に教えてくれたの、誰だったかしら。
数名から言われた気がするけれど。

うちのオシャレ男子ときたら…私が出したものなんてちっとも着てくれやしない。

「これ赤に合わない」
「このズボンかっこ良くないんだよなぁー」
「ポケットが前に来てる方がカッコいいから!(ズボンを前後逆に穿く!)」
「この長さがカッコいい(から髪は切らない)」

髪に関しては最初私が切りたくなかったんだけど、
ここに来てとうとう本人も言い出した。

まあ、コダワリの強いこと強いこと。
2歳児のころは、魔の2歳児ってやつで、あぁそういうお年頃かと思ったけれど、コダワリは加速するばかりで、しかも言葉で説明しにかかるので
もうこれは彼の個性なのだと、センスなのだと思って見守ることにした。

この冬、暖冬だったとはいえ雪が降るほど寒い日もあったはず。
にもかかわらず、2月までジャンパーを拒否しベストのみで過ごしたため
(下はボタンシャツ。だってトレーナーやセーターは絶対着ないと言うのだから)
とうとう彼は体調を崩し、ゲーとピーに見舞われた。
母に某ファストファッションブランドへ連れて行かれて、気に入るモノを選ばされ、最近はこの恰好に落ち着いている。

はて、このコダワリはいつまで続くんだろう。
女子の被服代は覚悟していたけれど、男子の被服代も覚悟しなければ…?